icon-1 icon-2 icon-3 icon-4 sns-1 sns-2
保育士上京ガイド
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ

千代田区の借上げ社宅制度(家賃補助)

関連ワード: 借上げ社宅(家賃補助)

  • 2017/11/26

東京都千代田区の保育士向け借上げ社宅制度(家賃補助)についてまとめました。
千代田区では保育人材確保の為、区独自で宿舎借上げ補助を拡充し、区内住居の場合月額上限13万円の住宅補助が支給されるようになりました。
千代田区は東京23区内でも家賃相場が高い区なので、千代田区の保育園で就職を検討されている保育士さんにとってはとても嬉しいですね!

国会議事堂

千代田区の借上げ社宅制度 概要

上限額 区内居住:13万円
区外居住:8万2,000円
礼金の補助 あり
敷金の補助 なし
物件 区外でもOK
その他 更新料も補助対象
区独自の処遇改善補助あり

千代田区は皇居や政府機関等が集まる日本の中心ともいえる区です。夜間人口は少ない(つまり住居している人が少ない)エリアですが、昼間人口が多くその数は、夜間人口の約20倍になります。これは、東京23区の中でもダントツTOPの膨張率です。

千代田区の借上げ社宅制度を詳しく解説!

1 補助額と千代田区の家賃相場

千代田区の家賃補助額は、区内居住の場合と、区外居住の場合で額が異なります。
千代田区内に居住する場合は月額13万円上限の家賃補助があります。
区外に居住の場合でも、月額8万2,000円上限の家賃補助があります。

千代田区は家賃相場が高く、東京23区内では港区に次ぐ2番目の家賃相場です。
一人暮らし向けの物件は11万前後〜となっています。

ただ、冒頭でも説明した通り、千代田区に住む場合は月額13万円上限の補助があるので充分補助額内で物件を探すことが出来ますね!

また、月額の家賃以外にも、共益費(管理費)礼金及び更新料が補助対象となります。

2 自己負担はいくら?

◆月額の負担金額◆
千代田区の保育士向け借上げ社宅制度を利用する場合、毎月の自己負担額の相場は月額0円〜2万円程度です。
月13万円以内の物件に住んでいたとしても、1、2万程度を家賃として給与から天引きされる場合があります。
これは、就職する保育園によって社宅利用に関する細かな規定を設けている場合がある為、月々の自己負担が発生するケースもあります。

このような自己負担がある場合は、保育士さんの所得税を減らす目的で設けられており、トータルの年収でみると自己負担0円の場合と変わらない年収となります。

◆初期費用◆
入居時にかかる費用として、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・鍵の交換代が挙げられますが、千代田区の補助対象となるのは、礼金のみです。

礼金以外の敷金・仲介手数料・火災保険料・鍵の交換代は、自己負担となりますので、上京に際しては金銭面にゆとりを持って準備しましょう!

ただ、いくら家賃が補助されるからといっても初期費用はなるべく安く抑えたいものですよね。

実は、保育園の運営法人によっては上記のような初期費用をはじめ、引越し費用も補助し、上京のサポートをしているところもあります。

こうしたサポートのある保育園に就職すると、初期費用をあまりかけず上京することが出来ます。せっかくの機会ですので、ぜひ利用しましょう!

3 補助を受けられるのはどんな人?

千代田区の借上げ社宅制度を利用するには、下記の条件を全て満たす必要があります。

POINT

@ 認可保育園、認定こども園、認証保育園、小規模保育事業等で勤務するもの。

A 1年以上の期間の労働契約を結んでおり、1日6時間以上かつ月15日以上常態的に継続して勤務し、当該保育施設等を適用事業所とする社会保険の被保険者であること。

B 保育施設等に勤務する施設長、保育士、保育補助者、栄養士、調理員、看護師及び保健師をいう。ただし、当該保育施設等の経営に携わる役員は除く。

4 利用するには?

千代田区内の借上げ社宅制度の利用が可能な法人に就職しましょう

内定承諾後、就職先の保育園を通して補助の申請を行います。そのため転職活動の段階で準備する書類などはありません。

月々の自己負担額、上京サポート、物件の選び方などは保育園によってルールが異なります。 求人探しや面接の段階でしっかり確認しましょう。

5 千代田区ってどんな区?

東京23区のほぼ中央に位置し、千代田区の中央には皇居があります。千代田区の約15%の面積を皇居が占めます。
千代田区内には日本一のオフィス街や、行政・政治の中心地の霞ヶ関や永田町がありまさに日本の中心となっています。

6 千代田区の保育環境

千代田区は、未就学児の人口が少ないということもあり待機児童数も0となっています。
そんな千代田区でも、質の高い保育を目指すうえで必要となる保育士の確保・定着に向け他自治体に比べ高額な補助を行っています。

上記でも説明したとおり、千代田区内の保育園で就業し、かつ区内に住居する場合は月額13万円の補助を行っています。

その他にも、処遇改善加算として国や都の制度に上乗せして千代田区独自で1人3万円の補助を行っています。

[参考]
■保育所に対する補助【平成31年度までの緊急対策】
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kosodate/hoikuen/jigyosya/documents/kinkyutaisaku.pdf
■千代田区保育従事職員宿舎借り上げ支援事業補助金交付要綱
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kosodate/hoikuen/jigyosya/documents/ninkahoikujo-hojo-04.pdf

7 まとめ

千代田区の借上げ社宅制度について押えておきたいポイントは3つです。

POINT

@ 家賃補助は区内住居の場合13万円が上限
A 区外に住居する場合、家賃補助は8万2,000円が上限
B 区外に住んでもOK
※ 実際の規定は保育園の運営法人により異なります

家賃補助の上限も高く、区独自の補助を出し処遇改善加算も行っている千代田区で保育士として活躍してみませんか?
まずは、求人探しから始めましょう!


ライター紹介

AYA
大学卒業後、保育士を専門としたキャリアアドバイザーとして数多くの保育士の転職や上京の支援を行う。趣味は映画鑑賞。

※借上げ社宅制度は、千代田区から保育士さんへ直接補助を行うものではありません。補助金は保育園を運営する事業者に支給されるため、利用の際は法人の規定を確認ください※

社宅あり求人をお探しなら 保育士.net 保育士.netサイトイメージ

保育士.netでは、借り上げ社宅や住宅手当のある求人を多数ご紹介しています。 「たくさん保育園があってどの園が良いのか分からない」という方必見!あなた専属のコーディネーターが希望条件やエリアをお伺いし、ぴったりの求人をご案内♪ご面接の調整からご就業まで手厚くサポートします。

保育士の求人を探す

関連ワード: 借上げ社宅(家賃補助)

借上げ社宅制度(家賃補助)

友だち追加

キャッシュバック制度