icon-1 icon-2 icon-3 icon-4 sns-1 sns-2
保育士上京ガイド
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ

大田区の借上げ社宅制度(家賃補助)

関連ワード: 借上げ社宅(家賃補助)

  • 2017/12/15

東京都大田区の保育士向け借上げ社宅制度(家賃補助)についてまとめました。 大田区では8万2,000円を上限に家賃補助が支給されます。大田区内の対象保育園に就職することが前提条件で、大田区外に住むことも可能です。

大田区の街並み

大田区の借上げ社宅制度 概要

上限額 8万2,000円
礼金の補助 記載なし
敷金の補助 記載なし
物件 区外も可
その他 保育士応援手当として月額1万円。年に2回6万円ずつの支給

区は多彩な魅力と特色を持ち大森地域・調布地域・蒲田地域・糀谷羽田地域の4地域があります。空港から近く渋谷や品川方面へのアクセスが便利なエリアです。ここでは大田区の借上げ社宅制度について、詳しく解説していきます。

大田区の借上げ社宅制度を詳しく解説!

1 補助額と大田区の家賃相場

大田区の家賃補助額は、8万2,000円が上限です。保育士さんが住む物件の家賃の7/8を大田区、1/8を保育園の運営法人が負担します。8万2,000円を超過した場合、超過分は自己負担です。

礼金・敷金等の補助については区のHPでは記載(H29年現在)がありませんので保育園の各運営事業所に確認してください。

大田区の一人暮らし用の物件の家賃相場は1Kで8万前後で主な駅の家賃相場は大差がないようです。他区と比べて各駅前の特色が様々ですので好みのエリアを良く調べてみつけましょう。

※補助の金額や条件は、保育施設によって異なります。宿舎借り上げ制度の利用状況を必ず各運営事業者にご確認ください。
※補助は法人に対して行います。個人への直接補助ではありません。

2 自己負担はいくら?

大田区の保育士向け借上げ社宅制度を利用する場合、毎月の自己負担額の相場は月額0円〜2万円程度です。

大田区の規定では、上限の8万2000円を超える家賃の物件を選んだ場合、超えた分が自己負担となりますが、所得税控除のため、各保育園の運営法人によって別途規定が設けられている場合もあります

そのため、上限内の物件を選んでも自己負担額がある場合もあります。

また、どのような物件が選べるのかは各保育園の規定によって異ります
「自分で自由に探せる」「提携の不動産会社がある」「保育園指定の物件に入居する」と大まかに3パターンに分かれるので、こだわりがある方はしっかり確認しましょう。

大田区では家賃相場と補助金額がほぼ同額なので職場と物件によっては家賃負担なく好みのエリアで生活出来る場合もあるでしょう。

引越しの初期費用(敷金・礼金など)については、保育園の運営法人が独自に実施している上京サポートを利用することで抑えることが可能です。中には引越し費用をはじめ、上京にかかる初期費用を全て会社が負担してくれる法人もあります

せっかくの機会ですので、ぜひ利用しましょう!

3 補助を受けられるのはどんな人?

大田区の借上げ社宅制度を利用するには、下記の条件を全て満たす必要があります。

POINT

@ 大田区内の保育施設(認可保育所、小規模保育所、事業所内保育所、認証保育所及び定期利用保育室)に常勤で勤務されている施設長、保育士、保育補助者、調理師、看護師。
A 世帯主またはこれに準ずる者であること。
B 住宅手当等が支給されていない者または、支給されている同居者がいない者
C 1年以内に他の借上げ社宅制度を利用したことがない者

4 利用するには?

大田区内の借上げ社宅制度の利用が可能な保育園に就職する必要があります。 補助の金額や条件は、保育施設によって異なりますので、宿舎借り上げ制度の利用状況を必ず各運営事業者にご確認ください。

入社が決定したら、就職先の保育園を通して大田区に補助の申請を行います。そのため転職活動の段階で準備する書類などはありません。

5 大田区ってどんな区?

大田区は、東京湾近くで水族館や競馬場などの遊戯施設がある大森、高級住宅街で有名な調布、映画の街で有名で庶民的なイメージの蒲田、羽田空港のある糀谷羽田と各々特色のある4つの地域があり、空港から近く、渋谷駅や品川駅方面へのアクセスが良く、下町風情の小粋な佇まいと国際色も併せ持つ区と言われてます。

蒲田駅周辺は治安の面で必ずしも”良い”とは言えないようですがお隣の糀谷駅などは治安も良く、物価が安く食品スーパーも充実し住みやすいいなど多彩な物件エリアがあります。

6 大田区の保育環境

大田区は地域の子育て力を高め、「子どもがのびやかに育つ町づくり」につながっていくことを保育理念とし保育園を核として地域の子育て支援のために、ご家庭に合った保育施設のご案内や育児相談などお一人おひとりに寄り添ったサービスを提供したり、保育に関する相談に応じるなどしています。

大田区は親御さんへの専門家の相談対応に力を入れるなど待機児童解消にも積極的に動いていますが、平成26年度には600人を超える待機児童数が平成27年度には154名と大幅に改善したものの平成28年度には572名と23区内で12位と悪化しています

[参考]
■大田区HP
http://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/index.html
■保育士宿舎借上げ補助制度(事業者負担 8分の1)開始 保育士確保支援の強化
http://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/press/release26/20150109.html
■大田区保育の特徴
https://ota-hoiku.jp/index.php?pg=blog.detail&get=4
■大田区子供に対する支援
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kyoiku/kyoikumokuhyo/chisaname.html

7 まとめ

大田区の借上げ社宅制度について押えておきたいポイントは3つです。

POINT

@ 1戸あたり月額82,000円以内
A 借上げ社宅制度とは別途保育士応援手当もあり
B 礼金・敷金等の補助は要確認
※ 実際の規定は保育園の運営法人により異なります

一つの区の中でも色々な特色を持ったエリアがあるので各駅ごとに特色を押さえた求人探しがお勧めです。


社宅あり求人をお探しなら 保育士.net 保育士.netサイトイメージ

保育士.netでは、借り上げ社宅や住宅手当のある求人を多数ご紹介しています。 「たくさん保育園があってどの園が良いのか分からない」という方必見!あなた専属のコーディネーターが希望条件やエリアをお伺いし、ぴったりの求人をご案内♪ご面接の調整からご就業まで手厚くサポートします。

保育士の求人を探す

関連ワード: 借上げ社宅(家賃補助)

借上げ社宅制度(家賃補助)

友だち追加

キャッシュバック制度