icon-1 icon-2 icon-3 icon-4 sns-1 sns-2
保育士上京ガイド
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ

【新卒保育士の方向け】求人探し・選考時のポイントを紹介!

関連ワード: 東京保育士体験記

  • 2021/08/06 最終更新
新卒保育士_求人探しイメージ

新卒保育士の方が求人探しをする場合、保育園はたくさんあり、また保育園の方針や労働条件、職場環境もさまざまです。就職希望する保育園選びで迷うこともあるでしょう。ここでは、求人情報でチェックすべきポイントはもちろんのこと、採用・選考時にチェックすべきポイントについても紹介します。

保育士の求人情報を探す

【新卒保育士】求人情報を探す際のポイントは?

保育園の規模(園児定員)をチェック!

園児定員が少人数の『小規模保育所』は、家庭的な保育を実践しやすい、担当園児が少なく一人一人とじっくり関わりを持てる、0〜2歳児の乳児保育がメインなので行事が少ないなどで人気が高まっています。新卒保育士の方でも、そんな小規模保育園の就業希望する例があります。
しかしながら、小規模保育園の就業希望にあたり注意すべき点もあります。

小規模保育所選びでの注意点

☆クラスをまとめる、行事の企画・運営、幼児の保育スキルが身に付けづらい。
☆職員が少人数なので休みが取りづらい、人間関係での問題は孤立しがち。
☆即戦力として広い知識・スキルが求められる。

注意点も十分考慮しながら、自分自身にとって良い選択なのかしっかりと考える必要はあるでしょう。

保育士の求人情報を探す

給料・待遇のチェック!

給料・待遇が良い保育園に就職したいと思うのは、当然あり得る考えだと思います。ただし「給料の高いから」というだけで保育園を選ぶと、働き始めてから日々の保育観に疑問を持ったときにモチベーションが下がってしまうこともあります。

求人情報の賞与(ボーナス)は要チェック!

☆賞与(ボーナス)3ヶ月支給は『手当込』とは限らない。

賞与については、賞与3ヶ月支給と記載されていても支給額(手当込)の3ヶ月分である保障はありません。通常は「基本給」×「○ヶ月分」の支払い方法となっています。基本給の金額確認はされた方が良いでしょう。

保育士の求人情報を探す

平均年齢・勤続年数もチェック!

勤続年数が長い保育士が多く在籍しているということは、それだけその保育園が働きやすいと捉えることができるでしょう。
また、保育士の職業柄で出産のタイミングなどにより働けなくなる時期も考えられますが、復帰して働いている保育士が多い保育園は「戻って働きたい職場」ということになりますよね。それだけ働きやすい保育園だという判断材料にもなるはずです。

オープニング園(新規開設園)を選ぶ際は慎重に!

『一から園をつくりあげたい』『小規模園で子ども達と密に関わりたい』などでオープニング園の求人に興味・関心を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし実際には、オープニング園の場合は園見学等で職員の雰囲気や関係性などを知ることが難しいでしょう。
その辺りも考慮し、よく考えて選ぶようにしましょう。

【東京都内】オープニング園の求人一覧へ

業務効率化への取り組みについて

保育園や幼稚園などでは、あらゆる事務作業を手書きで行っているケースもまだまだあるでしょう。手書きの場合は時間がかかることはもちろん、残業にも影響することもあります。保育園で業務効率化に取り組んでいる場合、業務負担が軽減されるかもしれませんね。

一例ですが「日本保育サービスの運営保育園」では、保育者が園児の活動内容やお知らせなどを写真付きで保護者に連絡することができるサービスも導入されているようです。

保護者は子どもたちの活動風景や重要な連絡をスマートフォン上でいつでも閲覧可能とのこと。働く保育士にとっても、保護者への連絡帳記入の事務作業軽減などにつながっている事例といえるのではないでしょうか。
職場環境面での保育園の取り組みについて、確認してみるのも良いでしょう。

保育士の求人情報を探す

求人票の記載内容は要チェック!

求人票の記載内容は、しっかり理解しておく必要があります。求人票に記載されている内容の理解が曖昧だと、就職した後に休日日数が違ったと感じることがあるかもしれません。たとえば『週休2日制と完全週休2日制』です。
週休2日制は毎週2日休める訳ではありません。正確には、1ヶ月に2日休める週が1週以上あるという意味になります。尚、完全週休2日制は週に2日必ず休めるという意味になり、休日の日数にも差が出てきますね。
求人票は各保育園によって記載方法が異なるため、十分注意するようにしましょう。

保育士の求人情報を探す

採用・選考時にチェックすべきポイントは?

保育園見学時の雰囲気・園長の考え・対応は要チェック!

保育園見学は、保育園の方針や子どもに対する接し方、どんな保育士がいてどんなやりとりをしているのか、リアルな情報が入手できる貴重な機会です。保育士の表情や声などで、全体の雰囲気も掴めるはずです。園見学をできるかどうか、確認・交渉をするようにしましょう。また、園長先生と人間的・保育方針が自分に合うかどうかは、快適に働くためにはとても重要なポイントではないでしょうか。
できる限り園長のお話しも聞けるよう、人事担当者に相談・確認するとよいでしょう。

保育士の求人情報を探す

保育士求人選びで困ったら?

何を優先したいかを整理する!

保育園はたくさんあり、保育園の方針や労働条件、職場環境もさまざまです。就職希望する保育園選びで迷うこともあるでしょう。そんな時は、自分自身が何を優先したいかを整理しましょう。自分が重視している部分と一致している、働くうえでの優先順位を満たしている保育園で探していくことで、希望する保育園が絞りやすくなるはずです。

保育士の求人情報を探す

『保育士.net』の就転職サポートもおすすめ!

保育園を選ぶ際に、自分自身の重要視するポイントで絞っても迷うこともあるでしょう。また、どうしても自分では絞り切れない、決められない方もいらっしゃるのではないでしょうか。『保育士.net』では、保育士として働きたい方のお仕事紹介をサポートしています。
『求人探しの代行、面接時のアドバイス、採用面接の同席・会場までの道案内など』を無料で受けることができます。転職をお考えの方は、活用されてみてはいかがでしょうか。

社宅あり求人をお探しなら 保育士.net 保育士.netサイトイメージ

保育士.netでは、借り上げ社宅や住宅手当のある求人を多数ご紹介しています。 「たくさん保育園があってどの園が良いのか分からない」という方必見!あなた専属のコーディネーターが希望条件やエリアをお伺いし、ぴったりの求人をご案内♪ご面接の調整からご就業まで手厚くサポートします。

保育士の求人を探す

【エリア別】借上げ社宅制度

【エリア別】家賃補助ありの保育園・求人検索

友だち追加