icon-1 icon-2 icon-3 icon-4 sns-1 sns-2
保育士上京ガイド
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ
東京で働きたい!保育士さんが知るべき情報まとめ

世田谷区の借上げ社宅制度(家賃補助)

関連ワード: 借上げ社宅(家賃補助)

  • 2020/02/14 最終更新
世田谷区の街並み

東京都世田谷区では、8万2,000円を上限に借上げ社宅制度(家賃補助)が利用可能です。家賃のほか礼金の補助もありますが、世田谷区内の私立保育園に就職することが支給条件となっています。
尚、通勤が可能であれば世田谷区外に住む事も可能です。
ここでは、住宅補助制度を利用する際の注意点、世田谷区家賃なども交えながら詳しく紹介していきます。

【世田谷区】家賃補助ありの保育士求人一覧

世田谷区の借上げ社宅制度の上限額は?

8万2,000円を上限に家賃補助が受けられる!

世田谷区の借上げ社宅制度では、月額8万2,000円を上限として家賃補助を受けることができます。細かくいうと、世田谷区から7万1,750円、保育施設から1万250円が補助されます。

上限額 8万2,000円
礼金の補助 あり
敷金の補助 なし
物件 区外も可能
その他 管理費、更新料も補助対象

▼家賃補助の対象項目
賃借料(家賃)、共益費(管理費)、礼金、更新料など。
※敷金、礼金はそれぞれ家賃の2ヵ月分、更新料は2年ごとに家賃の1ヵ月分が相場となっています。

尚、敷金・仲介手数料・保証金などの預かり金的な性格を有するもの、手数料に相当するものは対象外となるので、注意が必要です。

【世田谷区】家賃補助ありの保育士求人一覧

世田谷区の家賃相場・自己負担額はどのくらい?

ワンルーム・1Kで家賃は月額8万円が相場!

世田谷区の1人暮らし用物件(ワンルームや1K)の家賃相場は約8万円なので、上限内で物件を探すことは十分可能でしょう。また、世田谷区の借上げ社宅制度では住むエリアに制限がないため、自由度が高く物件も探しやすいのではないでしょうか。
ただし、利用できる期間が平成27年度から32年度まで時限的に実施予定とされています。利用を検討される方は早めに問い合わせするようにしましょう。

自己負担は0〜2万円程程度!

世田谷区の借上げ社宅制度の自己負担は0円〜2万円程が相場です。ただし、注意したい点がいくつかあります。

▼事前に確認しておきたい事項
・保育園の運営法人によって補助額は異なる場合がある。
・補助額が所得とみなされ所得税がかかる場合がある。

自己負担なしでもありでも、手元に残る手取りの額は、実はそこまで変わらないと考えておいた方がよいかもしれません。家賃補助額だけに捉われず、保育方針や雰囲気なども含めて決めたいものですね。

また、引っ越し代をはじめ敷金、保証金、仲介手数料、手数料、火災保険料や鍵の交換代など一般的な引っ越しで必要な期費用は、基本的に自己負担です。運営法人によっては、こうした初期費用を補助してくれるケースもあるようです。その点も、チェックしておくとよいでしょう。

上京する際に抑えておきたい様々な費用負担の補助について『貯金ゼロから上京! 保育士向け上京サポート』で紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

【世田谷区】家賃補助ありの保育士求人一覧

世田谷区の家賃補助を受けるには?

補助を受けられるための条件を満たす必要あり!

世田谷区の家賃補助を受けるには、借上げ社宅制度が利用可能な法人で勤務する、施設長、保育士、保育補助者、栄養士、調理員、保健師又は看護師であることが前提となっています。また、以下の条件も満たす必要があります。

POINT

1. 1日6時間以上かつ月20日以上の勤務をしていること。
※上記を満たせば、非常勤採用でも可。また雇用が連続していれば契約社員も可。
2. 勤務する施設を経営する法人の役員等でないこと。
3. 平成27年2月以前から雇用主の宿舎に居住する者でないこと。
4. 本人及び同居者が住宅手当等の支給を受けていないこと。
5. 区が開講する保育の質の向上に関する研修を受講することができること。

尚、年度途中で入社する場合も支給の対象になります。

最近は、友だちや彼氏と同居する場合、借上げ社宅を使えるのかという質問をよく受けますが、難しい場合がほとんどです。ちなみに、世田谷区としては同居人が住宅手当などの支給を受けていない場合は支給の対象としています。
しかし、保育園の運営法人側で独自の利用規定を設けている場合、トラブル防止などの理由で同居を認める法人はかなり少数派です。例外として、シングルマザーの方などが扶養内の子どもと同居する場合は認められるケースが多いようです。

【世田谷区 借上げ社宅制度】利用するまでの流れ・注意点

【世田谷区 借上げ社宅制度】を利用するためには、まずは借上げ社宅制度が利用できる保育園に就職することです。選考時には確認し、「借上げ社宅制度の利用を希望します」と伝えるようにしましょう。実際の物件選びは、入社が決まった後になります。
尚、利用するために必要な申請書類などの手配は、入社後に保育園を通して行います。事前に利用した保育士が区役所などに出向く必要はありません。

※注意点
借上げ社宅の探し方は、保育園の運営法人によって異なる点です。自分で自由に探せる保育園、提携の不動産会社を通して選ぶ保育園、法人から指定を受ける保育園と様々です。
世田谷区の規定では『世田谷区外の物件を選んでもOK』ですが、法人独自の規定を設けている場合もあります。住みたい場所にこだわりがある方は、選考を受ける前にしっかりチェックするようにしましょう。

【世田谷区】家賃補助ありの保育士求人一覧

世田谷区の保育環境はどうなの?

保育の質向上に向けて多角的な取組みを実施!

世田谷区は、東京23区の南西部に位置しています。東京都内最大の人口を有する一方で、公園や寺社なども多く、落ち着いた住環境が魅力です。『住みたい街ランキング』などでも上位に入る人気エリアですが、子育て世代の移住者も多く待機児童数全国1位と待機児童問題が深刻な地域となっています。

そんな世田谷区では、積極的に保育所を増やすだけでなく保育の質を向上させる多角的な取組みを行っています。区内全ての保育施設において、子どもたちの育ちに十分配慮しながら、区がめざす「子どもを中心とした保育」を計画的かつ確実に子どもたちに提供するために、世田谷区共通の保育理念や保育方針が定められています。また、開園前支援や開園後支援に対する保育の質向上のため「保育の質ガイドライン」も設けています。

認可保育園に対して国の基準に世田谷区独自の上乗せ基準を定め、すべての基準を満たす保育事業者には運営費の上乗せを実施しています。

関連記事:
>> 家賃補助がある世田谷区の保育園一覧と求人検索

『世田谷区保育の質ガイドライン』より抜粋

■世田谷区保育理念
・すべての子どもたちは、幸せに生きる権利があります。
・子どもにとって最初の保育者は保護者(あなた)です。
・世田谷区(わたしたち)は一人ひとりの子どもの最善の利益を第一に考え、保護者(あなた)とともに保育を通しての福祉に努めます。

■世田谷区保育方針
・命の大切さ、生きる力をはぐくみます。
・保護者 (あなた) とともに、心豊かな子育てを目指します。
・地域の社会資源を活かし、地域の子育て力の向上に努めます。

■保育の質ガイドライン
@職員配置
[1歳児]
国:6人につき保育士1人→世田谷区:5人につき保育士1人
[3歳児]
国:20人につき保育士1人→世田谷区:15人につき保育士1人
A上乗せ配置
0歳児実施園において、保健師(看護師)1人及び調理員の上乗せ配置
B面積基準
[0歳児の保育室]
国:3.3u以上 →世田谷区:5u以上

借上げ社宅制度をいち早く始めたことや、世田谷区共通の保育理念や保育方針、保育の質ガイドラインが分かりやすくホームページに掲載されていることからも世田谷区の保育環境の整備や保育士さんの処遇改善へ積極的な姿勢が垣間見えますね。

世田谷区では、借上げ社宅制度について平成33年(2021年)3月末で終了することが明言化されています。しかし、裏を返すと平成33年(2021年)3月末までは継続するということです。
待機児童が増えているとはいえ少子化が進んでいる現状ですので、借上げ社宅制度はいつ終わるかわからないと言われています。期間が明言されている点は、安心できる材料と見てとることもできますね。

※参考資料
■保育人材確保事業(平成30年5月1日)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1810/d00151244.html
■世田谷区保育の質ガイドライン(平成27年3月)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1812/d00138520_d/fil/setagayakuhoikunoshitsuga.pdf
■世田谷区保育士等宿舎借上げ支援事業補助金交付要綱(平成27年4月30日 ※平成29年1月1日改訂)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1810/d00151244_d/fil/hojoyoukou.pdf
■世田谷区保育士等宿舎借上げ支援事業補助金に関するQ&A(平成30年4月27日改訂)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1810/d00151244_d/fil/Q_A.pdf
■世田谷区保育士等宿舎借上げ支援事業について(平成29年1月)
https://setagaya-hoiku.jp/style/setagaya_hoiku/img/kariage_outline_201701.pdf

【世田谷区】家賃補助ありの保育士求人一覧

就職先の保育園選びで困ったら

『保育士.net』の上京保育士サポートがおススメ!

『保育士.net』では、上京保育士の方向けに『求人探しの代行』『面接の同席・会場までの道案内』『面接時のアドバイス』などのサポートを行っています。さらに、『保育士.net』では『面接にかかった交通費をキャッシュバック』も実施しています。上京して首都圏で就業希望の保育士さんにとっては、お得なキャンペーンではないでしょうか。

キャッシュバック制度

『保育士.net』面接交通費キャッシュバックの概要
▼対象者
・保育士.netから紹介された保育園または幼稚園の面接に参加される方
・地方から首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)へ就職を希望する首都圏以外にお住まいの保育士の方
・正職員をご希望の方

▼申請について
面接にお越しいただいた際の交通手段、金額を担当コーディネーターに申請
(上限:50,000円まで)
※規定日に指定口座へ振込まれます。

▼注意事項
キャッシュバックは1回限りとなります。

>> 交通費キャッシュバックについての詳細はコチラ

社宅あり求人をお探しなら 保育士.net 保育士.netサイトイメージ

保育士.netでは、借り上げ社宅や住宅手当のある求人を多数ご紹介しています。 「たくさん保育園があってどの園が良いのか分からない」という方必見!あなた専属のコーディネーターが希望条件やエリアをお伺いし、ぴったりの求人をご案内♪ご面接の調整からご就業まで手厚くサポートします。

保育士の求人を探す

関連ワード: 借上げ社宅(家賃補助)

【エリア別】借上げ社宅制度

【エリア別】家賃補助ありの保育園・求人検索

友だち追加

キャッシュバック制度